光通信、光ファイバー技術を支える人たち

インフラを構築する技術

NTT東日本で使っている光線ファイバは、通り名「ドロップケーブル」と呼ばれ、電柱に設立した装備(スプリッタを納めたクロージャ)から住まいや事業所の宅内に、つぎ目無しの1本で引き込んできます。(ドロップケーブルは、NTT西日本も同じ品だと思います。)

このドロップケーブルは、ほかの者も書いているように、強度メンバーとして鋼芯(鉄条)が沿うように形成されています。引っ張ってピ~ンと張ったり、暴風であおられても切れないようになっています。

稲光が流れるプロバビリティーがあるのは、頭ずこの鋼芯です。次に、霰を伴って濡れているところ、水気を伝って流れるでしょう。光線ファイバには稲光は流れませんが、流れるとすれば上記の句読点です。

しかし、施工手段には創案がなされています。電柱から引いたファイバを、ホームの外壁に留めるのですが、共用金具を外壁に一定して、この金具に一旦、鋼芯をからげます。鋼芯は、そこで中途を断裁され、ホームに入っていく一部分とは20cm程 空きが設けられます。

ホームの間に入るのは引き通しの締めて上、鋼芯を残して施工しますが、基本的には登り気ままに配策するのが鉄則で、霰の浸入もし難くします。さらに、鋼芯は宅内コンセントに入る1mほど愚生で、断裁してしまいます。残った光線ファイバ一部分は、3~4回、コンセントの間で丸めて、その頭にST型光線コネクタ(外被把持ターミネーション)を成際します。

そのコネクタから自由ケーブルと呼ばれる光線ケーブルで、宅内装備(ONU)に連絡します。自由ケーブルは、基準品が3mあります。鋼芯はあるのですが、このが断裁され、ONUの遙か愚生で無くなっています。霰の浸入も、施工時に充分な留意が払われます。稲光がONUまで到着するピンチは、大方ありません。

しかし、油断は禁物で、ONUの電源線を通じて稲光が浸入します。この辺りは、ほかの電化製品と同じ程の危険性です。

光通信の技術者

下り200Mbpsから1Gbpsへの改正はインターネット(ipv4)への連絡時において意義があるとは思います。しかしアパートから戸建の型の改正はipv4・ipv6ともに、殆ど意義が無いと思われます。

両型とも分岐があるね自体について変わるいわれではありません。大雑把に、電柱で分岐して近所の住居に引き込まれるのが戸建でアパート(長屋)中で分岐して各室に引き込まれるのがアパート型になります。

単位時刻あたりで、ほかの人物が使っているかどうかが運次第なのも変わりません。よって、値が高くなるだけでがっかりするだけだと思われます。

また単位時刻あたりで、400Mbpsも速さが出ているのであれば、その以上の速さが出たとしても体感速さに差異があるとは思えません。

どうしても、その以上の数字を出してみたいのであればまず、パソコンの処置力量とルータの機能を見直す事柄の人が先にすべきねになろうかと思います。(LAN中で2台のパソコンを用いて1Gbps出るのか確かめるをすべきです)

ルータもファイアーウォール有益下半身において1Gbpsを超えるルータは、そんなに多くありません。ONUは改正になります。無電LAN船積みの光テレフォン一体型しか提供されない文様です。

それと可視光通信ですが、レ-ザ-は、DVDのこわれた者から取り外し今朝用意だけしました。今しがた、懐中電灯から高輝度LED白色1個に改正し、着信は1石のAMPをつけた場所 室内で5mほど飛びました。簡単な実験ですが成功すると感激です。なおTPS601Aはご紹介いただいた場所から先日買いました。


since2010 © Footnote TV-Newsaic